撥水剤効果で突然の雨や錆付きの対策に有効なフッ素コーティング

基板と水滴

撥水剤としての効果が役立つフッ素コーティングの特徴

工場で働く女性

製品の表面加工技術にも様々なものがありますが、その中でも、特にフッ素コーティングは、他の技術にはないユニークな特徴があります。それは、フッ素コーティングをすることで、加工された製品の表面が、水や油など、様々な物質を吸着しない性質を帯びることです。例えば、水を吸着しないということは、撥水剤で加工した場合同様、製品の防水対策として役立ちます。また、油を吸着しないことで油汚れに強くなり、防汚剤を適用したのと同じ効果が期待されるということです。特に、撥水剤としての効果は、非常に広範囲の製品のクオリティや性能、耐久性の維持向上に大きな貢献を果たしています。繊維に撥水剤を用いれば、防水性の衣服やシューズが出来、雨や雪の中でも安心して身につけられる製品が出来上がります。また、調理器具、部品などは金属製のものが非常に多いですが、ここでも、撥水剤効果のお陰で錆び付きという金属の大きな弱点を防止するのに役立ちます。また、皮革製品や木材なども、水による品質劣化、見栄えの悪化、耐久性の低下といった様々なダメージを受けますが、フッ素コーティング加工によって撥水仕様にすることで、そのようなダメージから効果的に保護することができます。

水しぶき

防水スプレー原液のフッ素コーティング剤が発揮する撥水剤効果

衣服や靴といったアイテムは、防水仕様のものの方が利用者に便利な面があります。防水仕様の服なら、外出中に急な雨に降られても、そう簡単に全身水浸しにならずに済みますし、その点、靴についても同じことが…

MORE

CHOICES

RECENT ENTRY

TOP